住宅ローン借り換え

住宅ローン借り換えにメリットはある?徹底検証!【デメリットは無い?】

住宅ローンの借り換えとは、家を建てたときに組んだ住宅ローンを一括返済して、別のローンに返済を振り替えることを指しています。

夢のマイホームを建てたはいいものの、「100年に一度」と言われるような経済不況の中で返済に窮している人は少なくありません。
そんな中で急速に脚光を浴びたのが住宅ローンの借り換えなのです。

では、住宅ローンの借り換えにはどんなメリットがあるのでしょうか。

まず何と言っても一番大きな住宅ローン借り換えのメリットは返済総額を大きく減らすことが出来ると言う点でしょう。

これが住宅ローン借り換えの目的ともなっていますので、当然メリットとして最初に取り上げるべきでしょう。借り換えによって借入金に対する金利が下がりますので、返済総額が当然下がっていきます。

また、月々の住宅ローンも下がる場合がほとんどですので月々のやり繰りが楽になるはずです。

あるいは、毎月の住宅ローン金額を維持するとすれば、より早く住宅ローンを完済でき、その浮いた資産を投資や貯蓄に回すことができるわけです。

もちろん、後の項でも詳述しますが、住宅ローンの借り換えをすれば自動的に金利が下がるということではなく、金利が下がるような住宅ローンに切り替えているので金利が低くなるということです。

しかし、住宅ローンの切り替えを行うメリットはこれだけではありません。

現在の経済情勢にあわせた住宅ローン商品に切り替えることによって、フレキシブルな返済計画が可能になると言う点も挙げることが出来ます。

例えば、家を建てたときに組んだ住宅ローンでは、繰上返済がし難い設定になっていたかもしれません。

手数料が発生するので繰上返済を躊躇してしまっていたわけです。しかし、俗に「住宅ローンの前倒し返済は一番の資産運用」と言われるほど繰上返済は経済的なメリットがあります。

不況の今だからこそ、出来る限り前倒しで住宅ローンを返済しておきたいと思うものです。

住宅ローンを借り換えることによって、手数料無しで繰上返済が可能になる場合もあるのです。

また保証料を取らない住宅ローンも増えていますので、これも借り換えのメリットになると思います。

このようにメリットが沢山ある住宅ローンの借り換え。金利が低くなっている今、少しでも興味がある場合は銀行などの詳細ページを見てみるといいでしょう。

ただし、住宅ローンを抱えている人なら誰でも借り換えが可能というわけではなく、審査が必要であることも覚えておきましょう。

住宅ローン借り換えで人気なのは?

じぶん銀行住宅ローン

  • 充実の11疾病保障団信
  • 仮審査申し込みなら最短即日回答
  • 三菱UFJ銀行とKDDIの共同出資
  • 保証料・収入印紙代はゼロ
  • 来店不要で時間の成約無し
  • がんと診断で残高が2分の1に
  • 業界最安水準の金利
矢印

じぶん銀行公式ページ

住信SBIネット銀行

  • 金利が安く満足度が高いネット銀行
  • 全疾病保障保険料・団信保険料無料
  • 交通事故の障害補償保険料も無料
  • 保証料・繰り上げ返済手数料無料
  • 地震保障の保険料も無料
  • コンビニATM手数料月5回まで無料
矢印

住信SBIネット銀行公式ページ

楽天銀行フラット35

  • 来店不要・ネットで申し込み完結
  • 諸費用が安くトータルの返済額を圧縮
  • フラット35は独自の審査基準で魅力
  • 繰り上げ返済は100万円から
  • 団信生命保険料は本人負担
矢印

楽天銀行フラット35公式ページ

au住宅ローン

  • セット割でau通信サービスがおトクに
  • 三菱UFJ銀行出資だから安心
  • 業界最安水準の金利!
  • 最短10日で契約完了
  • 一般団信&がん50%団信保険無料
  • 保証料・印紙代が無料
  • 仮審査の結果は最短1日
矢印

au住宅ローン公式ページ

イオン銀行住宅ローン

  • 全国110店舗以上展開
  • 専門スタッフが相談からサポート
  • 保証料・繰上げ返済手数料0円
  • イオンでの買い物が毎日5%オフ
  • 繰り上げ返済は1万円から
  • 団信生命保険料・全疾病保険料は本人負担
矢印

イオン銀行公式ページ