住宅ローンの借り換えを考えている人へ。

住宅ローンの借り換えを考えている人へ。
まずは住宅ローン借り換え審査に通らないと、借り換えが出来ないことをご存知ですか?
その審査に通る為には、いくつかのポイントをおさえておく必要が在ります。
全体として言える大きなポイントは、「物件の審査は緩く、個人の信用はしっかりチェック。
」ということです。
以下で新生銀行住宅ローン借り換え審査についてみていきましょう。
その1. 仮に年収の最低基準が新規で住宅ローンを借りる時400万円だったのが、借り換え時には500万円になるというように、より厳しくなります。
その2. 過去にローンの延滞履歴がある人は、借り換えは相当難しくなります。
その3. 勤続年数の最低年数は間違いなく増えるでしょう。
職を転々と変えている人は当然審査に通りづらいですね。
その4. 居住年数は多い方が良いみたいです。
住んでいる間にちゃんと住宅ローンを返済してきたことを確認されれば好印象です!
その5. 自営業の方に対する審査は厳しい。
その3で出た会社員の勤続年数は、一般的に3年あれば大丈夫だそうですが、自営業の場合、そのビジネス開始から最低5年は必要だそうです。
その6. 現在ローン返済をしている自分の住宅にたいする資産価値が、著しく下落しているケースは、借り換えできないということがあるみたいです。
普段から自分の近所の地価などもネットを使ってチェックしておくのも良いでしょう。
その7. 契約者の健康状態や、扶養家族の数、ボーナスも審査基準の対象になります。
他にもポイントがあるかもしれませんが、私の知っていることは以上です。
ところで、こういった審査基準は金融機関によって異なるということも知っていますか?
年収が良いから審査に通るという単純なものではないのが、この審査に通る難しいところです。
普段からの生活で、ローン返済が遅れたり空きができたりすること無く、規則正しく払い続けることが最低条件だと思われます。
また、「借り換えること」がイコール「返済困難になるのでは?」というイメージを持っている方も少なくないみたいです。
これも、常に新聞やニュースなどから自分が借りたときの返済金利と今の金利を比べ、明らかにその金利がかなり安くなっているのならば、借り換え審査に通るとまず間違いなく返済は楽になると思います。
上記した最低条件やポイントをクリアーしているのなら、安心して銀行に審査をお願いしても大丈夫だと思うので、ぜひトライしてみて下さい。
最近は、ネットで申し込むことも出来ますよ。